あなた自身の手でカーペットから品質のドア

あなた自身の手でカーペットから品質のドア

多くの場合、自分の手でダーチャ上で異なるデザインを行う必要があります。これは絶対にどんな製品にも適用できます。建設作業の後、田舎の家には多くの人々がいます。一例はライニングであってもよい。これは、さまざまな建物の仕上げに使用されます。たとえば、あなたはvagonkiから自分でドアを作ることができます。それから私たちはこれについて話します。

あなた自身の手でカーペットから品質のドア

搭乗したドアはとてもシンプルですが、とてもスタイリッシュに見えます。

作業の初期段階

材料のために店に行く前に、出入口の必要な測定をする必要があります。多くの場合、標準ドアは2メートルの高さと90 cmまでの幅を持ちます。測定には、テープメジャーを取得する必要があります。ドアの大きさは開口部の幾何学的形状に依存する。たとえば、外から部屋を見ることができるウィンドウを作ることもできます。フレームが必ず失敗するとは限りません。それは基礎として使用することができます。

あなた自身の手でカーペットから品質のドア

内張りからのドアの測定。

しかし、これは本当によく保存されている場合にのみ行うことができます。場合によっては、フレームを手動で作成する必要があります。それが絶対に尊重されていない場合、それはバーから作られなければならないでしょう。その幾何学的寸法は100×100cmです。この作業のための標準的なツールで十分です。普通の爪とハンマーを使うことができます。ボックスを設置した後、そこから必要な測定値をすべて削除する必要があり、ジオメトリの観点から明確なドアを作ることができます。

今我々は、ドアが作られる主要な材料を決定する必要があります。ボードは、これらの目的に最適です。多くの場合、これらの目的のために合板を使用しますが、これは建設全体のコストを大幅に増加させます。通常の板と比べて厚さは30mm以上が良いでしょう。この場合、中央部分では、ライニング自体が使用されます。これは、ドアに定性的な美的外観を与えるでしょう。すべての現代的な要件を満たすのはこのバージョンのデザインです。建設現場で材料をより良く購入しますが、市場に散歩することはできます。

取扱説明書

だから、今すぐ箱は仕事の準備ができています。つまり、あなたは進めることができます。ドアの形状が180×80の場合、シーケンスは次のようになります。ちなみに、すべてのツールと材料は、必要に応じて問題なく届くように、必ず1か所で折り畳まなければなりません。作業台はまったく行う必要はありません。これらの目的のために、あなたは普通のベンチを使用することができます。

あなた自身の手でカーペットから品質のドア

ドアのプロファイルの種類。

まず、180cmの長さの2枚のボードを切断する必要があります。 結局のところ、これはドアの大きさです。仕事のためには、通常のマニュアルソーを使用するか、電動ジグソーパズルを使用することができます。次に、カッターでドアを使用する必要があります。デバイスにインストールされます。ドリルの助けを借りて、正面から溝が作られます。それらの深さは50mmで、幅は10mmでなければなりません。彼らはライニングからドアの側面を形成するでしょう。さらに手に入るためには、鋸または電動ジグソーを再び取る必要があります。工具の助けを借りて、長さ70cmの板を3枚切った後、切り取った板の端から約5cm後退させ、10mmの深さまで排水する必要があります。そして、これは上からも下からでも行われます。これで、ボードの1つを構造の垂直コンポーネントに挿入する必要があります。結果は、文字Pに似た構造になります。

今、あなたは切断裏地に直接行くことができます。また、任意の利用可能なツールを使用します。この場合には、滑らかな材料の危機に瀕しているように、それは、ジグソーパズルを適用するのが最善です。 70センチメートルの長さを有するべきで成形した。板の厚さは、これは、総コストおよび180 cmで高さをトリミングする必要がある材料の量をカウントに基づいて、約4 cmである。厚さYの裏地は非常に多様であることができます。計算は、ドア開口部の正確最終高さで進行すべきです。その後、お店に実行する必要がないように、小さなマージンで材料を購入することをお勧めします。

あなた自身の手でカーペットから品質のドア

ドアにvagonkiを固定する仕組み。

これらの測定の結果として得られたストリップは、先に準備されたボードの垂直溝に挿入されるべきである。あなたは最も一般的な爪の助けを借りて材料を修正することができます。ドアの美しさに影響を及ぼす可能性があるので、長すぎない釘を使う方が良いです。これは、ライニングのすべての行がどのようにレイアウトされているかです。ちなみに、普通の釘だけでなく、ねじでも材料を固定できます。これらの目的のためには、ドライバーを入手する必要があります。最も一般的な標準的なネジは非常に適しています。最後の行はボードによって閉じられています。ボードは事前に準備する必要があります。その結果、ほぼすべての条件で長年にわたってドアを操作できる十分に強力な構造が得られるはずである。

同時に、ドアの中央部分は弱いままです。それは堅く作らなければならない。このために、最後のボードが使用され、それは70センチメートルの長さを持っています、それはドアの中間部分に釘付けされています。その結果、十分に高品質のスクリードが得られ、構造全体の剛性が大幅に向上する。

今は正当な場所にドアを設置するだけです。この目的のために、ヒンジが予め固定されている。どんなデザインでも使用できます。この時点でハンドルを取り付ける必要があります。そのデザインは、人の味に応じて選択されます。残りの部分では、ドアを吊るすことは標準的な一連の行動を意味する。すべてが非常に簡単で理解できます。あなたはドアを持ってフレームに取り付けられたヒンジに掛けるだけでいいです。

もちろん、内張りはドアのために余分に使用できる唯一の材料ではありません。このような状況では、合板シールドも非常に便利です。しかし、この場合の扉の美しさは分かりづらいことに注意してください。合板のコストが高いことは注目に値する。今日では、最も安い合板ではなく、高品質のライニングを購入する方が簡単です。

結論と要約

だから、今ではすべての読者が自分の手でvagonkiのドアを作る方法を正確に知っています。ご覧のように、プロセス自体には超自然的な困難はありません。最も重要なことは、必要な道具や材料をすべて手に入れ、作業を開始することです。上に示した指示は、初心者だけでなく、初心者の方にも役立ちます。それは非常に有用で経験豊富な大工の巨匠です。

あなたは、仕事に間違いなく役立つヒントをいくつか挙げることもできます。

可能であれば、ライニング自体の処理を電気ジグソーパズルだけで行う必要があります。

このようなツールを探して今日の良いことは、誰も問題から発生してはならない。専門店で購入することができ、必要に応じて友人や知人から購入できます。材料を固定するには、セルフタッピングねじを使用するのが最善です。ドライバーは今日見つけるのが非常に簡単です。おそらくそれは仕事を始めた人の兵器にすでに存在しているでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

2 + 6 =