プライベートハウスへのPVC入り口ドア(金属プラスチック)

プライベートハウスへのPVC入り口ドア(金属プラスチック)

それほどずっと前に、金属製のドアはバルコニーにのみ置かれていました。技術の発展に伴い、より幅広くより信頼性の高いプロファイルが登場し、個人の家やコテージの入力として使用できるようになりました。彼らは木製のドアの主な欠点を奪われています - 湿気からうねりがなく、塗装工事の定期的な改修を必要とせず、まったく同じか全く違うものを見ることができます。もちろん、金属入り口のドアの信頼性と比較することはできませんが、コテージや民家では安全の余裕は必要ありません。まず、窓を貫通することができます。彼らは現在、サイズが小さくなっていません。第二に、領土はフェンス、ゲート、ウィッケットで保護されています。したがって、入力プラスチックドアは完全に正当な選択です。特に、彼らには多くの利点があり、それほど多くの欠点があるとは思わない。

プライベートハウスへのPVC入り口ドア(金属プラスチック)

入り口のプラスチック製のドアは、入り口のグループの一部にすることができます - 両側に窓があります

プラスチックのフロントドアの長所と短所

プラス:

  • あらゆる構成、色、デザインのPVC入り口ドアを作ることを可能にする柔軟な製造技術。
  • 良好な寒さ/熱保護。
  • 様々なオープニングシステム。
  • 寒い気候の寒い気候で運転する。
  • 湿度の変化に反応しないでください。
  • 騒音やほこりから十分に保護してください。
  • アラームと互換性があります。
  • 任意の複雑さのロックをインストールする機能 - 従来の、すべての方向の閉鎖。
  • 最低限の手入れが必要で、清掃が容易です。

すべてのメリットの中で、自分自身の設計に基づいてエントリープラスチックドアを注文できることがしばしば決定的です。制限なし。別の利点は、スイングまたはスライドシステムを実現する可能性である。フランスの窓と完全に組み合わされたスライディングシステム。グレージングの面積と実際には窓との差はありません。その結果、非常に調和のとれた解決策が得られます。したがって、テラス、庭、裏庭への入り口を作りましょう。他の材料はそのような機会を提供しません - スライディングシステムと互換性がありません。

プライベートハウスへのPVC入り口ドア(金属プラスチック)

スライディングプラスチックの入り口のドアは、テラスへの出口を作るための素晴らしい方法です、庭に裏庭

すべての利点にもかかわらず、プラスチック入り口のドアと欠点があります:

  • 高いコスト。
  • インストールの複雑さ。
  • あまりにも高い抵抗の強盗。

ほとんどの質問はインストール中に発生します。出入口の周囲の信頼性を高めるために、金属補強板を設置する。これにより、インストールの複雑さも増します。さらに、高い熱および遮音性を提供する技術に準拠する必要があります。このすべてが、インストールをより困難にします。

入力プラスチックドア:種類、材質

入り口のプラスチックドアがあなたの期待に応えている限り、どれくらいうまく動作するかどうかは、材料や継手が適切に選択されているかどうかによって異なります。フォームの安定性は、どのように技術が維持されているか(コーナーに補強があるかどうか、フィッティングの穴がどのようにプロファイル内で切り取られるか)によって決まります。これらの瞬間を組み合わせることで、通りのプラスチック製のドアでも問題なく動作します。したがって、すべてのニュアンスに注意してください。

プライベートハウスへのPVC入り口ドア(金属プラスチック)

PVC製の入り口のドアは、バインディングを1つずつ繰り返すことができ、異なる場合があります

オープニングメソッド

ドアの数に関しては、入り口のプラスチック製のドアは、1,2,3および4葉である。ほとんどの場合、民間の家庭では1つまたは2つのドアが付いています。二枚貝は2つまたは1つの可動フラップを有することができる。第2の葉も開かれますが、あなたが家の中にもっと空気を入れたり、バルクで何かを持ってくる必要がある場合は、特定の状況でのみ開きます。そのようなモデルの場合、2番目のリーフは、上下のボルトで固定されます。 3羽のものは固定式ドアと可動式ドアが2つあり、4羽のものは2対2のものが多い。

小葉の数は出入口の幅によって決まります。最大90cmまで、1メートルから1.8メートルまでの2枚のリーフを作ることができます。より広い通路には3葉の扉が必要です。

プライベートハウスへのPVC入り口ドア(金属プラスチック)

開ける方法では、ドアは(開いたり開いたりして)スイングしてスライドします。スイングドアは、通常または振り子(部屋の中と通りの両方で開くことができます)にすることができます。民家では、主にドアがテラスにつながっている場合は、振り子が設置されることはほとんどありません。

もう一つのこと:私有の家への入り口は、通常、外に向かって開きます。それはルールではありませんが、受け入れられます。第一に、彼らは外部からノックアウトするのが難しく、第二に、必要ならば、それを内部から取り出す方が簡単です。しかし、ループは異なるタイプのものが必要であり、より高価であるため、これは構築コストを増加させることを覚えておく必要があります。

プロフィール

入り口プラスチックドアの品質と特性は、それが作られたプロファイルの品質と特性によって決まります。したがって、プロファイルを選択するには、非常に注意してください。有名企業の製品を使用することをお勧めします。 Rehau、Veka、KBE。彼らはチェックされ、あなたはあなたが得るものを正確に知っています。無名:またはほとんど知られていないメーカー - これは大きなリスクです。不十分な品質のために短時間でドアを交換する必要はなかったように、

プライベートハウスへのPVC入り口ドア(金属プラスチック)

ストリートプラスチックドアの特性は主に、選択したプロファイルに依存します

プロファイルの厚さとチャンバーの数

ストリートプラスチック製のドアは特別な形状で作られています。それはバルコニーのドアを作るために使用されているものよりも広く、窓に行くものよりもはるかに「厚い」ものです。プロファイルの内側に補強要素が取り付けられています。プラスチック製のドアの場合、補強されたプラスチックの強化されたアルミニウム輪郭に、強いプラスチック製の輪郭を置く。

金属製の入り口ドアの場合、クラスAの外形が使用され、その最小厚さは70mmであり、最大は118mmであり、外壁の厚さは3mm以上である。さらに、それはより厚いアルミニウムで補強された多数の室を有する。

プライベートハウスへのPVC入り口ドア(金属プラスチック)

VekaのPVC入り口ドア用の異なるプロファイル

プロファイルの厚さの選択は、いくつかの要因によって決まります。最初は気候帯です。あなたの地域の冷たく/暑いほど、より厚いプロファイルを取るべきです。考慮すべき第二の要因は、家にタンブールがあるかどうかです。そうであれば、タンブールはバッファーゾーンになります。この場合、コストを忘れないでください。プロファイルが厚いほど、高価になります。

もう1つの重要な要因は、外側のジャンパーの壁の厚さだけでなく、プロファイル内の絶縁されたチャンバーの数です(より多く、より良い、最小 - 3チャンバー、より良い - 5)。肉厚の厚い外壁は強度が強く、温度変化に対する保護が優れています。

プライベートハウスへのPVC入り口ドア(金属プラスチック)

執行猶予のないドアはサイズが限られています

さらに、エントランスのPVCドアをより強固にするために、補強要素をコーナーに入れます。重力や温度差による歪みを防ぐ重要なポイントです。これらの機能はすべて最終的な品質と操作の容易さに影響を与えます。

プライベートハウスへのPVC入り口ドア(金属プラスチック)

サーマルフラック付き屋外プラスチックドアのプロファイル。

また、いわゆる「プラスチックドアの暖かいプロファイル」もあります。その中には、プラスチック製の追加インサート - 熱破砕があります。これはプロファイルの外側と内側の部分を分離します。これにより、断熱性が向上し、防音にも効果的に作用する。

補強

フレームおよびリーフの製造のために、内部に増幅要素、すなわちアルミニウムプロファイルが挿入されたプロファイルがある。これは、C字形、U字形、および矩形の閉じた形であり得る。最も信頼性の高いものは閉じています。それは高い剛性を持ち、温度差でドアの形状を維持します。そして注意を払うと、そのような閉じた補強輪郭は、フレームと葉の上になければなりません。その後、温度が大きく下がっても、ドアは「曲がる」ことはありません。

プライベートハウスへのPVC入り口ドア(金属プラスチック)

より厚いプラスチック、より多数のチャンバ及びより厚い金属製の強化輪郭におけるプラスチック製のフロントドアを製造するためのプロファイルの相違

この場合、補強部分は2mmの厚さで使用され、これは最小であり、3mmの金属もある。これは構造を増加させる。ドアの重量によって、バルコニーブロックを入口プラスチックドアから間接的に区別することができます。あまりにも多くの金属は意味をなさないが、薄いものは負荷に耐えられない。

穴の切り抜き

非常に重要なポイントが1つしかありません。ブルガリア人が切り取った錠の設置用の開口部のドアを製造する多くの企業では、穴は堅い「ストック」で作られています。それはより簡単で高速ですが、そのような穴は設計を著しく損ないます。

プライベートハウスへのPVC入り口ドア(金属プラスチック)

これは、フライスカッターによって作られた穴がどのように見えるかです

ドアの穴を切り取るこの方法は、「サーベル」が大きな温度変化で湾曲することです。これは、通りの-20℃、家の+ 25℃のときです。原理的には、プロフィールは、あまり重要でない差(約-5℃)で曲線を描き始める。違いが増えると、ギャップが上下します。プラスチック製のドアを注文する前に、穴が削られ、ブルガリアに切断されていないことを確認してください。

ヒンジ

アウトプットプラスチックドア用のプロファイルと二重窓はしっかりとした重さを持っているので、ヒンジは信頼性がなければなりません。モデル - オーバーヘッドのみ、ウィンドウは適用されません。利用可能な最高のものを選択してください - 個人の家への通りのPVC入り口のドアは非常に頻繁に開閉されます。良質のものだけが、長期間トラブルのない使用を保証します。

標準幅(60〜80cm)の葉の上に3つのループが配置され、より幅広い4つのループが配置されます。各ループは150〜200kgのために設計されているため、それらの総 "持ち運び能力"は非常に高いです。しかし、それほどパワフルではないドアを頻繁に開けることは価値がありません。そのため、継手は信頼できるものでなければなりません。だから、よく知られているメーカーのループを注文する方がいいです。ドアがどれほど長く続くかは、ドアの反りの有無に関わらず責任があります。

プライベートハウスへのPVC入り口ドア(金属プラスチック)

プラスチックドアのための特別なヒンジ

ドアを使用したときに反らないように、ドアをうまく​​調整することが重要です。葉の重量はすべてのヒンジに均等に配分する必要があります。その後、どんな条件下でも歪みやその他の問題は発生しません。

グレージング

プラスチックの入り口のドアはガラスを全く使わなくてもよい。また、ガラスはドアの上部(その高さは任意)に配置することができます。フルグレージングという3つ目のオプションがあります。

ガラスが非常に上から下に作られている場合、それは通常、横桁(インパスト)で分割されます。これは必要ではありません。固体ガラスを製造する企業はありますが、技術が複雑であるため、数少ない企業です。このグレージングは​​はるかに高価で、ジオメトリを変更する可能性がまだあります。だから、基本的に彼らは邪道によって分裂を説得しようとします。このような二重窓は、製造が容易で、安価で、信頼性が高い。クロスバーの位置はデザインに応じて決まります。入力グループが近くのウィンドウの存在を前提としている場合、それらは1つのレベルで、または重要な暴走とともに作成されます。

プライベートハウスへのPVC入り口ドア(金属プラスチック)

グレージングの面積が広いため、入り口のプラスチックドアに適した断熱ガラスを選択することが重要です

ストリートプラスチックドアの場合、通常は二重窓が使用されます。彼らは十分なレベルの音と断熱を提供します。良いインジケータには、シングルチャンバーの省エネルギー二重窓もあります。一般に、次のタイプの複層ウィンドウがあります:

  • 省エネルギー。ガラスの表面に銀イオンを噴霧する。この噴霧により、熱が反射される。従って、熱は家の中に貯蔵される。
  • 多機能。シルバーはいくつかの表面に噴霧されます。これにより、熱と冷の両方が保存されます。
  • 防音バッグ。遮音性を向上させるために、カメラの幅を変え、第1のガラスの厚さは6mmとした。
  • ショックプルーフ(三重)。接着剤組成物と一緒に固定されているので、より良い打撃に耐えることができます。

    プライベートハウスへのPVC入り口ドア(金属プラスチック)

    ドア、通り、プラスチック、二重窓

メガネは、通常の、模様付き、色付き、サテン(艶消し)であり、鏡面コーティングを施すことができる。まだ装甲がある。これにより、必要に応じて入り口プラスチックドアの二重窓の特性を選択することができます。各企業はわずかに異なる特性を持ち、上記の写真はRuhau社のデータを示しています。

閾値

屋外出力のプラスチック製のドアには、2種類のしきい値を装備することができます:

  • アルミニウム。それは小さな高さを持っています。この閾値では歩くのが便利ですが、シーラントがこれを防止する必要がありますが、膨らませることは可能ですが、必ずしも効果的ではありません。
  • プラスチック。実際、これはフレームの一部です。このしきい値の高さはより大きく、あまり便利ではありませんが、場合によっては冷たい空気から身を守る必要があるため、このオプションを選択してください。

    プライベートハウスへのPVC入り口ドア(金属プラスチック)

    平らなスレッショルドはより便利ですが、ブローを防ぐことはできません

閾値を選択することは最も困難な点ではありませんが、快適さのレベルにも寄与します。入り口グループの場合、熱破砕でしきい値を設定することが望ましい。これは、寒さが閾値を超えないようにする。

ロックシステム

入り口のプラスチック製ドアは、通常のロック(固定ポイント1つ(シングルロック)またはマルチクランプ)で完了することができます。マルチプレッサーには、フラップから出てくるいくつかの「舌」があります。

マルチロックとマルチロックの2種類のロックがあります。クランプはフレームに対してサッシをよりよく締めるために設計されています。これは熱の保存を保証します。したがって、入力プラスチックドアが暖かい部屋を通りや寒い前庭から隔てる場合は、これらのロックを使用する必要があります。

第2のタイプ - マルチロック - は強盗に抵抗しています。彼らには、より長いボルト(舌)があります。このようなロックは、安全性を重視しなければならない場合に使用する価値があります。具体的には、壁は石で、窓は小さく、設置されたローラーシャッターと警報器があります。それでは、より信頼性の高いロックを入れることが理にかなっています。そうしないと、攻撃者はウィンドウを使用してドアをバイパスします。

プライベートハウスへのPVC入り口ドア(金属プラスチック)

プラスチック製のドアのロックシステム

優れた断熱性と信頼性の両方の特性が必要な場合は、マルチクランプ用の防犯装置を設置することができます。彼らは真菌の形でピン(舌)を持っています。そう簡単にハッキングすることはできません。

マルチクランプロックのロックは、垂直方向(4〜6)に配置され、コーナー(高所では追加のロックを追加)に配置されています。これは、ドアのフィット感を向上させるのに役立ちます。彼らは、キーから推進することができますまたはハンドルからすることができます。ペンを使う方が便利です。しかし、マルチクランプロックでは、クローズ時に一連のアクションが必要であることを考慮する必要があります。時間が経つと、ホストはこれに慣れますが、最初は不便です。

プラスチック製のドアを組み立てるためのビデオ

誰もが自分でプラスチック製のドアを収集することは決してありません。これらの動画を見ただけで、それぞれの要素の目的であるドアの構造を理解するのが簡単になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

− 1 = 2