ロッジアの天井を作る方が良いから

ロッジアの天井を作る方が良いから

はじめに

ロッジアの天井を作る方が良いから

ファブリックストレッチ天井

進歩はまだ止まっていないので、私たちは以前、ロッジとバルコニーがどのように見えるかを忘れ始めました。マテリアルの市場は非常に大きいので、誰もがロッジに完璧な外観を与えることができます。バルコニーの改装中は、天井に特に注意が払われています。 1年以上勤務する最良の選択肢を選ぶようにしてください。

準備

ロッジアの天井を作る方が良いから

ロジアの予備的断熱材

バルコニーの天井をどうするかは非常に重要ですが、準備はあまり重要ではありません。天井を仕上げる前に、断熱材を使用してください。多くの人がこのベンチャーを拒否しますが、無駄です。ロッジアを温めないと、熱があなたの隣人に行きます。そして、場合によっては、修理のためのバルコニーの正しい準備が天井材料の使用のために重要です。例えば、石膏ボードを使用する場合、天井を断熱する必要があります。しかし、塗装することを決めた場合、天井を水平にすることなく、行うことはできません。

仕上げオプション

ロッジアの天井を作る方が良いから

バルコニーの天井

あなたはバルコニーに天井を作るつもりされる材料を購入する前に、すべてのオプションと知り合い、その正と負の資質を見つける方が良いです。今、天井のためのそのようなオプションがあります:

  • 塗られた
  • 吊り下げられた
  • 天井タイルから
  • ストレッチ

各オプションには長所と短所があります。完成品の各変形を別々に考えてみましょう。天井を作るためにどのような材料を使うかはあなた次第です。

塗られた

ロッジアの天井を作る方が良いから

ロッジアの天井の装飾

天井を断熱したくない人には、塗装のオプションが理想的です。そのような天井を作るにはファサードペイントだけが必要です。彼女は気温の変化を恐れていない。色の選択は十分に簡単で、最適なオプションを選択するのは簡単です。さらに、時間が経つにつれて、天井を着色することができます。

しかし、仕上げのこのオプションは、予備的な準備が必要です。塗装前の天井は水平にする必要があります - これはより美的になります。プライマーは適切に使用する必要があります。

吊り下げられた

このようなシステムは非常に経済的であり、設置が容易である。あなたの手でこのような天井を作ることは難しくありません。もちろん、吊り天井をバルコニーで使用することもできますが、理想的です。彼らは省略することができます付着と高さの方法の違い。

そのようなタイプのファイルシステムがあります:

  1. メタルスラット
  2. プラスチック製のパネル
  3. 木製ライニング
  4. 石膏ボード

悪天候でロジアの修理が行われた場合、 金属ストリップを使用するバリアントは理想的です. このような装飾は非常に印象的なので、絶縁バルコニーでも使用が可能です。すべてに、どんな形やスタイルの天井を作ることができます。

ロッジアの天井を作る方が良いから

バルコニーとロジアの天井

プラスチックパネルは、激しい気候変動に強いため、湿気を恐れません。木製またはアルミニウムプロファイルの木枠にパネルを取り付けます。彼らは掃除のために実用的です - 濡れた布で拭くのに十分で、耐久性があり、設置がとても簡単です。

もう一つの選択肢は木製のライニングです. この種の装飾は長い間使われています。木製の天井は効果的かつ調和しているように見えますが、環境に優しく取り付けが簡単です。すべて彼には防音性があります。外観は暖かく快適な環境を作り出します。

ロジアでの修理では、しばしば石膏ボードの天井を使用します。このような素材は耐久性があり、初心者でもインストールにも対応できます。しかし、耐湿性が宣言されているにもかかわらず、気象条件に対応できないことを覚えておく必要があります。ロジアが大気の影響から確実に保護されていると確信している場合、そのような材料の助けを借りて天井を作ることは可能です。既存の亀裂をすべて修理し、汚れを取り除く必要があります。このオーバーラップをインストールした後のすべてに、仕上げが必要です。広々としたガラス張りのバルコニーがあれば、ペイントされた石膏ボードの天井はアパートのデザインにぴったりです。

天井タイル

ロッジアの天井を作る方が良いから

あなた自身の手でロッジヤの天井を仕上げる

もちろん、天井をどうするかという疑問に対する答えは、ロッジヤとオーナーの好みのさらなる使用に依存します。最もシンプルなタイプの1つは、天井タイル仕上げと呼ぶことができます。それはコンクリートスラブの欠点をよく隠し、非常に簡単で糊付けが速いです。それは審美的に魅力的に見え、ときにはヒーターとしても機能します。

アドバイス!仕上げの前に天井の準備を怠らないでください。ヒーターは、しばしば天井材料の長期使用において重要な役割を果たす。

ストレッチ

ロッジアの天井を作る方が良いから

バルコニーとロジアの天井の綴じと仕上げ

最近では、ロッジの配置中に伸びる天井を使用する人が増えています。彼らはすぐにインストールされ、大きな色域を持っており、写真プリントでの注文も可能です。このオプションは、天井スペースにあるすべての欠陥を隠します。最も重要なのは、気にするのはとても簡単です。このような天井を設置する前に、断熱材を設置する必要があります。 このようなデザインでは、ロッジは非常に魅力的です。このオプションを選択するときは、専門家を信頼するか、ヘルパーを引き付ける方が良いです。

成果

あなたのロジアを居心地の良い表情にして魅力的にするために、時間とお金はかかりません。天井スペースを仕上げるためには、外部的にも特性的にもあなたに適した素材がたくさんあります。それぞれに長所と短所があり、天井の予備的な準備も必要です。いくつかの材料はその整列を必要とし、他の材料の使用は空間全体を温めた後にのみ可能である。必要に応じていつでも再描画や更新が可能なタイプもあります。これは大きなプラスです。購入する前に、必要な材料の量を計算する必要があります。確かに、正しい選択肢を選ぶときは、バルコニーの可能性、その特性、そして最も重要なのはあなたの欲望に注意を払うべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

62 + = 70