台座を天井に正しく接着する

どんな仕上げで作業する場合でも、最も重要なことは、高品質で十分に考察されたインストールです。結局のところ、最も完全に選択された外部コーティングでさえ、不十分な設置によって損なわれる可能性がある。特に、それは常に視界にあり、論理的に構成を完成させる一種の最終的なタッチの役割を果たすので、天井のような重要なディテールに関係しています。天井の裾引きを接着する方法が分からない場合は、取り付け作業を進める前にこの問題に時間を割いてください。この記事では、糊付けのプロセスについてお話します。

フィレットの設置の特徴

天井のうねりを適切に接着する方法を理解するには、まず適切なバゲットを選択して購入する必要があります。すべての修理作業は、原則として、測定から始まります。あなたは、材料を購入するときに誤解しないように、部屋のパラメータを注意深く修正する必要があります。シーリングラスの場合は、他のタイプの仕上げとは異なり、ラスの機能によって接着剤を正確に調整できるため、サプライインベントリを購入する必要はありません。

インストールの非常に重要な役割は、コーナーからインストールを開始する必要があるため、部屋のコーナーで行われます。あなたが天井の裾をつかむ前に、特殊な接続要素を取得する必要があります。彼らのリストは以下を含む:

  • 内部または外部の角度をシールする一体要素これらのコーナーの作業面は直角に交差するように設計されています。
  • 角度を形成するように設計された小さなセグメント。そのような細部のカットは、生産時に行われるように、完全に滑らかです。切断の方向は異なり、それらに応じて、ピースを内側または外側のコーナーに貼り付けることができます。
  • 一体化され、設置部品の準備ができている拡張コーナー。彼らの欠点は、設置が完全に均一な角度を必要とすることです。

また、インストールのために特別なプラグが必要になります。これはインストールの跡を隠すことになります。これは、天井に台座を接着する前に購入する必要がある材料の完全なセットです。どの製品が最高のものかまだ考えているなら、インストールのタイプに基づいて、フィレットの種類を調べるのに役立ちます。

台座を天井に正しく接着する

取り付け

外側では、既製のバゲットはすべて同じように見えますが、設置方法の種類が大きく異なる場合があります。 「天井のすり割りボードを接着する方法」という質問には3つの答えがあります。それぞれの方法で最適です。

台座を天井に正しく接着する

安価なバーは、追加の操作なしで装飾層の中に押し込まれるねじまたは釘によって締め付けられてもよい。しかし、取り付けを多かれ少なかれよりやり直したい場合は、穴の底にあらかじめドリルをかけることをお勧めします。最初は、より薄いダウエルの下で、次に帽子の下にある円錐形にします。これらの手順を実行すると、プロファイルを所定の場所にマウントできます。もちろん、プラグ、ワックス、または接着剤で痕跡を隠す必要があります。     

天井のはめ込みをより複雑にするだけでなく、より美しい方法で隠すこともできます。これは、クリップのための特別な凹部を持つ製品に使用することが望ましいです。この設置はいくつかの段階で行われます。まず、部屋の周りに穴を開ける必要があります。穴を開け、プラスチックダボを挿入します。次にクリップをそこに固定し、上部を通常のプッシュで固定する。

しかし、その単純さでは、これらのすべての方法は、最も速く、最も基本的なものと比較することはできません - 粘着組成物の助けを借りてスラットを貼ります。このようにして、時間を節約するだけでなく、フィレットの目立たない取り付けを提供することができます。しかし、うまくいくためには、まず、天井のすり割りを接着するにはどの接着剤が最適かを理解する必要があります。

台座を天井に正しく接着する

接着する方法

あなたがすでに理解しているように、選択されたバゲットが作られた材料によってガイドされる必要があります。

台座を天井に正しく接着する

あなたのバゲットがポリスチレン発泡体とポリスチレン発泡体で作られている場合、ほぼすべての接着剤がそれに合っています。

その理由は、この素材で作られた製品の重量が軽く、天井の下で強く握ることができるからです。唯一のこと - 専門家は、シリコーンシーラントの接着をおすすめしません。例外は、シーリングスワッティングボードをタイルに使用する場合です。

台座を天井に正しく接着する

同時に、天井の裾引きを接着する前に、まず接着剤を使用せずにマウントし、接着剤でのみ処理する必要があります。このように設置した後は、プラスチックからシーリングスカートを再利用することは不可能であることを覚えておいてください。これは、フォーム全体を分解することはできません。

木製の材料は、液体の釘で正しく接着する。しかし、ここでは、壁や天井をあらかじめ完全に水平にしておく必要があります。そうしないと強いグリップがなくなり、ひだがついてしまいます。

また、フィレットを接着する普遍的な方法 - 建設パテを適用することもあります。これは、仕上げ塗装を設置する際に専門家によって使用されます。パテはスラットを接着するだけでなく、天井にさまざまな亀裂や凹みを埋めることができます。

台座を天井に正しく接着する

プラスチックスワッティングボードを接着するには、透明なポリマーグルーまたは液体の釘を使用することが最善です。

どのような構成が特定の素材に最適なのかを知ったので、段階的に天井を糊付けする方法を詳しく調べる必要があります。

接着する方法

天井の裾引きを接着する前でもストリップを締めることをお勧めします。これは、塗料や壁紙よりも石膏との接着性が優れているためです。予備準備としては、様々な種類の汚れ、ほこり、古い塗膜および他の望ましくない層の壁の清掃が含まれる。プライマー溶液で固定点を処理することも可能であり、これにより石膏の層状化が防止される。

もちろん、天井の裾を糊付けするのがビデオの指示です。しかし、簡単に説明すると、プロセス全体は次のようになります。

  • まず、伝統的に、部屋のレイアウトが作られます。紙の上にシンプルなスキームを作って天井に移動するのが最善です。
  • 接着剤は壁の表面に塗布されるのではなく、すり割り自体に塗布される。層は、バゲットに沿って分布するのに十分な厚さでなければならないが、あまり厚くはないので、残りの接着剤が壁に残らないようにすべきである。余分な量の糊が台座の前面にある場合は、接着剤が乾燥するまで直ちに布やスポンジで拭き取らなければなりません。
  • 接着剤が処理された後、すり割りボードは壁にしっかりと押し付けられ、しばらく保持される。モデルが柔らかい材料で作られている場合は、布の部分を使用する方が良いでしょう。さもなければ、製品が指から窪んだままになることがあります。ポリフォームの天井のすり割りは長い間必要ではありません。それらは非常に軽くて速く締め付けられます。

天井のすり割りをどのように接着するかの指導を勉強すると、フィッティングの外観の質に依存するため、ジョイントの取り付けなどの重要な瞬間を避けることは不可能です。

継手継手

作業の開始前に、一度にすべてのバーをトリムするのではなく、バゲットが固定されているときに動作させる方が良いです。すでに接着された台座とエッジを結合する方が良いからです。 特に注意深いフィッティングには、45°の角度で切断することによって達成される木製のすり割り、滑らかな接合が必要です。

台座を天井に正しく接着する

コーナーでうまく動作することは非常に重要です。これを行うには、gon、電気的なジグソーパズル(弓でやる)、椅子、事務用ナイフが必要です。切断中には、鋭い歯が製品を押しつぶさないように、非常に慎重に行動する必要があります。フィレットを一定の角度で固定するには椅子が必要です。これは基本的な構造であり、必要に応じて手動で行うことができます。

また、鉛筆のマークを使用することもできます。最初にコーナーの一部が固定され、交点が見つけられ、フィレットが弓で直角に切断されます。これらのアクションのそれぞれは、最高の精度と精度を必要とするため、ジョイントは見えなくなります。

これらの簡単なヒントは、一般的な間違いを避けて、仕上げが耐久性と品質であるように、天井のすり割りを接着する方法を理解するのに役立ちます。最も重要なことは、購入した製品、接着剤の組成、装飾が設置される壁の品質を正しく評価することです。

ビデオ "バゲットを接着する方法と方法"

このビデオは、天井のバゲットを専門的に、質的に接着する方法と、それらに取り組むために必要なツールと材料についてです。