接着された壁用の竹布(写真とビデオ)

写真
普段の壁紙は自然素材につながります。結局、自分のアパートにある自然のキャンバスを見たい。

接着された壁用の竹布(写真とビデオ)

竹の壁紙に接着剤は、間違った側から適用する必要があります。

新しいインテリアの作成に役立つ竹の壁紙です。

彼らはデザインを面白くて珍しいものにしています。しかし、仕事の前に、あなたは竹の壁紙を接着する方法を知る必要があります。結局のところ、構造の強度と信頼性はこのプロセスに依存します。

インテリアの竹の壁紙

製品は、インテリアソリューションのためにビルディングストアまたはサロンで購入することができます。竹の壁紙は、布ベースで固定されたデザインです。キャンバスの大きさと外観は異なる場合があります。したがって、大面積の作業では、マスターは幅1800〜2500mmの要素を取得します。仕上げの過程で竹の壁紙をカットすることができます。

接着された壁用の竹布(写真とビデオ)

竹の壁紙を接着するには、液体の釘が必要です。

キッチンやその他のエリアにエプロンをデザインするには、幅約1000 mmの竹の壁紙を購入することができます。この場合、キャンバスは経済的に消費されます。お店では、適切なサイズに基づいて製品を購入することができます。

構造の特徴はスラットの幅です。これらの要素は、物質の自然起源を強調する。彼らは関節や不均一なテクスチャを検出することができます。しかし、このテクスチャは壁紙の利点です。結局のところ、インテリアでは2つの同一のキャンバスは見つかりません。それらのすべては外観が異なります。

製品は色が異なる場合があります。光から飽和した暗い色調に至るまで、様々な色合いがあり、内部のリネンをうまく組み合わせることができます。最も一般的な色の1つがwengeです。部屋の家具、仕上げ材、床材に完璧にフィットします。したがって、デザイナーはますますプロジェクトでそれを使用しています。結局のところ、この色はスタイルを補完するだけでなく、それを大きく飾るものです。

どのように竹の壁紙を接着するには?

作業の過程で、製品を切断する必要があります。文房具ナイフやはさみで手続きを行うことができます。これらのツールは、スラットに沿ってキャンバスを分割したい場合に適しています。切断要素は、突き合わせ端のスラットの間に保持されなければならない。このようにして、布に切開部が形成される。手続きはすばやく簡単です。

ラメラを横切って材料を切断することはより困難である。この場合、庭のプルーナーまたは電気鋸を使用してください。シートは高密度であるため、作業にはツールが必要です。普通のはさみで切ることは不可能です。カットのために、壁紙を平らな面に固定することをお勧めします。これはスコッチを構築するのを助けて行うことができます。次に、製品の外側から手順を実行します。

接着された壁用の竹布(写真とビデオ)

時間の経過とともに、竹の壁紙は消えて、元の外観を失う。

次のステップは、作業の基礎を準備することです。壁に古い材料、亀裂、不規則なものが含まれてはいけません。すべての問題領域はパテで処理されます。混合物を表面に塗布し、スパチュラで広げる。ベースが強く信頼できるものであるためには、プライマーも使用することをお勧めします。それは、真菌、カビおよび結露の出現から表面を保護する。

したがって、仕上げ作業のためには、工具と材料が必要です。

  • 竹の壁紙;
  • パテ;
  • プライミング。
  • 建物のスコッチ;
  • はさみ;
  • 電気鋸;
  • 特別な接着剤;
  • 液体釘;
  • スパチュラ;
  • ルーレット;
  • ゴムローラ。

作業は、竹の材料が部屋の1日に必要とされた後にのみ開始する必要があります。したがって、製品は適合する。壁に壁紙を固定するには、特殊な接着剤を購入する必要があります。それは、竹の壁紙や重い材料を扱うように設計する必要があります。このツールでは保存しないでください。その品質のために、構造の耐久性に依存する。

接着剤は、ブレードの表面および壁の所望の領域に均等に分配されなければならない。その後、固定剤が透明になるようにしばらく放置する。その後、材料は壁に塗布され、ゴムローラで行われます。いくつかのエリアが不足している場合は、液体の釘で作業を終えることができます。いずれの場合も、手順を実行する前に、製品パッケージの説明書を慎重に検討する必要があります。

キャンバススポットの作業中に接着剤から形成される場合は、乾いた布またはスポンジで取り除くことをお勧めします。 壁紙がすぐに壁にしっかり固定されていることを考慮する必要があります。したがって、仕上げが行われる領域をマークアップすることをお勧めします。したがって、材料は正確かつ正確に固定される。

竹布を使った仕事の特徴

お互いに関節の接着製品。原則として、完成した構造の縫い目が目立つ。これは材料の自然な構造を強調するだけです。一部のウィザードでは、特殊なプロファイルを使用して調和のとれたイメージを作成します。彼らはまた、竹の幹で作られています。彼らの助けを借りれば、関節をきれいにすることができます。この目的のために、主要製品と色が類似したプロファイルが選択される。ドッキング構造は壁紙を結合するのに役立ちます。それらは垂直または水平に配置することができます。

上記の詳細に加えて、マスターはエッジプロファイルを適用します。それらのおかげで、壁紙の興味深い輪郭を作ることができます。この方法は、マテリアルが目立つ場所にあるとき、または部屋のあるゾーンを放つときに特に関係します。追加要素はデザインを飾るのに役立ち、完成させる。

どのように竹の壁紙を接着するのか、それらを適用する方法を知らないそれらの所有者のために、様々なデザインのアイデアがあります。たとえば、デザインの助けを借りて、窓の開口部を飾ることができます。デザインのおかげで、デザインは独特で独創的なものになるでしょう。しかし、部屋の一般的なスタイルは天然素材と組み合わせるべきであることに留意すべきである。

製品は部屋の遮音性を高めることができ、ほこりや他の小さな粒子の沈降に抵抗します。ただし、動作中は過度の湿気を避ける必要があります。表面を手入れするときは、ドライクリーニングをおすすめします。地下室や湿度の高い部屋には保管できません。仕上げ作業のために、明るい日光がない場所を選ぶことが推奨されます。そうしないと、材料の明るい色が薄くなります。

あなたが竹の壁紙を接着する前に、あなたは全体のデザインを決定する必要があります。このデザインは、日本のスタイルを補完するものになります。布製の壁の装飾、木製の寄木細工、マットと象徴的な装飾品の細工と竹製品の組み合わせは、部屋の素敵な装飾になります。また、特別な竹パネルと壁紙を組み合わせると、デザインが完成して完成します。

竹の壁紙は、修理のための局所的な追加です。彼らの助けを借りて、部屋全体を仕上げたり、家にあるアクセントを置いたりすることができます。これらの属性は、部屋に特別な気分を作り出します。彼らは雰囲気を豪華かつ独特のものにしています。結局のところ、天然素材はユニークです。自宅でそれらを使用すると、自然さと純度を楽しむことができます。