深い浸透の下塗りはどちらを選ぶのが良いですか?

深い浸透の下塗りはどちらを選ぶのが良いですか?

家の内装が理想的な外観を可能な限り長く保持するためには、このタイプの表面に最も適した深い浸透プライマーを選択する必要があります。仕上げの基礎である材料の大部分、特にコンクリートおよびプラスターは、特殊な多孔質構造によって区別され、それによって加工が困難になる。加えて、それらの多くは接着能力が弱い(他の材料に付着する)ことが特徴であり、仕上げ作業を行うことも困難である。このような場合には、特別な深い浸透プライマーが作成され、材料の結合能力が向上する。

現時点では、多くの異なるタイプのプライマーミックスがあり、その選択は処理された表面の位置だけでなく、それが位置する部屋のタイプにも依存する。この多様性をすべて理解しようとしましょう。

深い浸透の下塗りはどちらを選ぶのが良いですか?

天井の深い浸透プライマーを選択する

天井に理想的な組成を選択するためには、まず、処理すべき表面の技術的特性に注意を払う必要がある。ほとんどの場合、オーバーラップ材料がコンクリートであるという事実を考慮して、プライマーは以下の技術的特徴を有するべきである。

  • コンクリートの含浸深さは少なくとも5mmでなければならないので、小さいサイズの分散ミセル。
  • プライマーは消毒特性を有していなければならない。
  • 強化効果があるはずです。
  • 接着に対する表面の能力を著しく改善するはずである。
  • 仕上げ材の消費を抑えるために表面の孔を閉じます。

深い浸透の下塗りはどちらを選ぶのが良いですか?

プライマーが基部に浸透するためには、プライマーは小さいサイズ

これらすべての特性に対応する、内部作業のための深い浸透のための理想的なプライマーは、いわゆるユニバーサルソリューションです。浸透性アクリル化合物も使用することができる。

セックスの方がいいですか?

床のための深い浸透の下塗りは、天井とは対照的に、わずかに異なる条件を必要とする:

  • 細孔を閉じ、液体調合物のコーティングへの吸収を最小限にすること;
  • 表面の強い機械的負荷のためにコーティングの強度を増加させる;
  • それが乾燥した後の混合物の高密度。

これらのすべての要件は、フロアだけでなく、特別なプライマーによって排他的に満たされます。

深い浸透の下塗りはどちらを選ぶのが良いですか?

壁用プライマー

ここでは材料は非常に重要です。深い浸透のプライマが適用されるのは、それが絶対に何でもできるこの表面のためです。

  1. 木製の壁 - そのような表面用の組成物は、孔を密閉する能力を有し、水蒸気が壁の内部に蓄積しないように蒸気透過性でなければならない。この場合、多数の合成樹脂を含むプライマーを選択するか、またはアクリル混合物を選択することが好ましい。
  2. 煉瓦壁 - その構造の煉瓦は木材よりもはるかに密度が高いため、このような面では大きな貫通力を持つプライミング混合物が必要です。この場合、理想的な選択肢はアクリル化合物になります。
  3. 石膏ボードの壁は、特別な速乾性の混合物でより良いプライミングをしているため、強い水の透過性を特徴としています。
  4. 漆喰壁 - 強力な多孔質表面を特徴とするため、コンクリート用アクリル混合物などのコンクリート表面の処理と同じ組成を使用しています。

浴室のプライマーを選ぶ

この部屋は高湿度を特徴とし、カビ、真菌類および他の微生物の発生のための好都合な環境であるため、浴室の土壌の選択は非常に慎重に行うべきである。 この点に関して、浴室内の表面を下塗りするためには、浸透深度だけでなく防腐特性を有する特別な溶液を選択することが好ましい。また特殊な殺生剤添加物もある。

深い浸透の下塗りはどちらを選ぶのが良いですか?

浴室の壁のプライミングは、濡れた部屋を対象とした特別な構成で行う必要があります

また、浴室にプライマーを塗布することは非常に重要です。土壌の技術的特性がどれほど優れていても、表面があらかじめ脱脂、洗浄、乾燥されていなければ、組成物のすべての特性と努力は無駄になります。さらに、上記のすべてを行った後、表面は塩化物を含む特別な洗剤で処理する必要があります。

具体的な接触または深い浸透の下塗り - 何を選ぶか?

近年使用されている一般的なタイプのユニバーサルプライマーの1つは、具体的な接触である。多くの人々は、このタイプの混合物のこれらの高い定格特性があらゆる表面に適しており、あらゆる問題に対処すると考えている。理解しようとしましょう。

この種の土壌の技術的特性は、この混合物がエメリーに類似した表面を模倣し、それによってその接着性を著しく増大させるため、高密度で接着能力が低いことを特徴とする表面にはほぼ理想的である。他のすべてのケースでは、その適用は絶対に無意味であり、具体的な接触は、深い浸透の特別なプライマーまたはユニバーサルアクリル混合物で置き換える方がよい。

深い浸透の下塗りはどちらを選ぶのが良いですか?

仕上げ加工前のプライマーによる表面処理は、ほとんどの標準的な手順であり、仕上げ仕上げの寿命だけでなく、作業自体だけでなく、品質も大幅に向上させるように設計されています。主なことは、部屋の特徴と治療される表面のタイプに応じて、組成のタイプを正しく選択することです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

+ 2 = 5